不動産投資の手段

いくら広い土地があっても、何の対策も講じなければ、全く価値はありません。しかしながら、太陽光発電による不動産投資を行なえば、その土地に価値を持たせることが可能になります。

一軒家の屋根に、私的にソーラーパネルを設置して、家庭用電源として使用し、光熱費の節約、余った分の売電による収益というメリットを得ているケースも見受けられます。一方、土地活用のために、ある程度広い土地にソーラーパネルを設置さいた場合、「全量買取制度」が適用されます。そのような場合、発電した電力を全て買い取ってもらい、その分の収益を得ることが可能です。

太陽光発電の場合、保証サービスが適用される業者が多く、アパートやマンションの経営よりも低リスクの不動産投資を行なうことが可能になります。また、太陽光という自然のエネルギーによって発電を行なうため、不労所得が得られます。また、台風や地震などの災害時に、発電した電力を利用することも可能です。さらに、火力発電や原子力発電と比べると、設備・施設が小規模で、狭いスペースに設置することができるという利点もあります。

そのように、太陽光発電を行なう以外に、持て余している土地を活用するための方法として、一般的な不動産投資を行なうという選択肢があります。ここでは、ソーラーパネルの設置による太陽光発電で、不動産投資を行おうとお考えの方のために、お役立ち情報をお届けしますので、是非チェックして、参考にしてみて下さい。

Published by