太陽光発電の利用

土地は、所有しながらも、使用していなければ、価値を生み出してくれません。そのように、持て余している土地に価値を持たせるためには、太陽光発電による不動産投資を行なうという選択肢があります。

世の中には、一戸建て住宅の屋根に、個人的にソーラーパネルを設置し、光熱費の削減に役立てている人も見受けられます。家庭用ソーラーパネルの場合、家庭内で使用しなかった電力を電力会社に売って、その分の収益を得ることが可能です。

その一方で、土地活用の手段として、一定のレベルを超える広い土地にソーラーパネルを設置すれば、「全量買取制度」と呼ばれるシステムを利用することができます。全量買取制度は、読んで字のごとく、発電した電力を全て買い取ってくれる制度になります。

先にも述べたように、家庭用ソーラーパネルでは、使わなかった分の電力を買い取ってもらえますが、全量買取制度が適用されれば、発電した電力を全て買い取ってもらうことが可能になるのです。そのように、商業用途で設置される大規模な太陽光発電のシステムは、家庭用の設備のように、光熱費の削減のために利用し、余った分を売電するのではなく、純粋に収益を得る目的で有効活用することができるという訳です。

Published by