他に関連する情報

太陽光発電のために使用するソーラーパネルは、太陽光の当たりやすい場所であれば、屋根の上など、基本的にはどこにでも設置することが可能です。そのように、火力・原子力による発電と比べて、省スペース性が高いのもメリットの一つです。

次に、ソーラーパネルを設置して太陽光発電を行なう以外にも、余った土地を有効活用するための方法があります。それが、一般的な不動産投資になります。アパートやマンションを建築すれば、そのオーナーとして、家賃収入を得ることが可能になります。家賃による収入は、基本的に不労所得であるため、他の仕事と賃貸不動産の経営は並行して行なうことができるというメリットがあります。

また、一家の大黒柱が死亡すると、残された家族が生活苦に陥る可能性が生じて来ます。そういった場面を想定して、生命保険に加入する代わりに、不動産投資を行なうという方法もあります。稼ぎ手がいなくなって、子どもなどに面倒を見てもらおうと思っても、相手にも養わなければならない家族があり、そこまでの余裕がないといったケースも存在します。そのような場面でも、不動産経営を行なっていれば、オーナーが死亡した後も、月々の家賃収入を得て、遺族の生活費に充当することができます。