得られるメリット

ソーラーパネル設置の場合、業者による保証などが受けられる可能性が高く、アパート・マンションの経営と比較してリスクが低いというメリットがあります。また、発電をするために利用するのは太陽光という自然の恵みであり、不労所得を得ることができます。

そのように、収益が得られること以外にも、ソーラーパネル設置のメリットは存在します。例えば、ソーラーパネルを設置した場合、台風や地震などの災害が発生した時に、発電した電力を有効活用することも可能になります。

わが国では、夏の終わりになると、海面の温度と上空の温度の差から太平洋上に台風が発生し、日本列島を横断することがあります。また、「地震大国」と言われる日本では、微震が頻繁に発生しているほか、過去には、大地震によって多数の犠牲者が出た事例も存在します。それらの災害に見舞われ、停電になった場合でも、太陽光発電のシステムが設置してあれば、非常用電源として利用できる可能性があります。

そして、太陽光発電の場合、ソーラーパネルは、日照条件が良ければ基本的に場所を選ばず設置することが可能です。そのように、火力発電や原子力発電と比較して、設備や施設の規模が小さく、設置するためのスペースが狭くて済むというアドバンテージもあります。

太陽光発電の利用

土地は、所有しながらも、使用していなければ、価値を生み出してくれません。そのように、持て余している土地に価値を持たせるためには、太陽光発電による不動産投資を行なうという選択肢があります。

世の中には、一戸建て住宅の屋根に、個人的にソーラーパネルを設置し、光熱費の削減に役立てている人も見受けられます。家庭用ソーラーパネルの場合、家庭内で使用しなかった電力を電力会社に売って、その分の収益を得ることが可能です。

その一方で、土地活用の手段として、一定のレベルを超える広い土地にソーラーパネルを設置すれば、「全量買取制度」と呼ばれるシステムを利用することができます。全量買取制度は、読んで字のごとく、発電した電力を全て買い取ってくれる制度になります。

先にも述べたように、家庭用ソーラーパネルでは、使わなかった分の電力を買い取ってもらえますが、全量買取制度が適用されれば、発電した電力を全て買い取ってもらうことが可能になるのです。そのように、商業用途で設置される大規模な太陽光発電のシステムは、家庭用の設備のように、光熱費の削減のために利用し、余った分を売電するのではなく、純粋に収益を得る目的で有効活用することができるという訳です。